リクルートダイレクトスカウトの退会方法|解約・登録解除前の注意点をわかりやすく解説

この記事のまとめ

リクルートダイレクトスカウトの退会方法

  1. マイページにログインする
  2. 設定画面ページ下部の「退会する」を押す
  3. そのまま退会手続きを進める

画像付きで説明します

マイページにログインする(1/10)

<設定ボタンを押す(2/10)>

▼設定画面ページ下部の「退会する」をタップクリック(4/10)

▼「退会手続きへ進む」をタップクリック(5/10)

<退会理由を選択、入力する(8/10)>
<チェックを入れ、「次へ」を押す(10/10)>
<退会完了>

上記のように退会手続きをおこなうことで、レジュメを含めた登録情報はすべて削除され、メールサービスも配信停止、連絡が来ることはなくなります

ちなみに、再度利用したくなった場合には、また会員登録を行えば利用することができるようになります。

本当に退会すべきかを最終確認して

退会する前に、本当に退会して良いのかを検討してください。あなたが「退会したい」と思う理由次第では、別の対処法があるかもしれません。

状況別に退会するかを最終確認しよう
Case1.転職活動を終了・中断する
  1. 転職先が決まった
  2. 転職活動を中断することになった
Case2.転職活動は継続中
  1. 希望求人に応募しても書類が通らない
  2. 良いヘッドハンターがいない

上記のうち「Case1.転職活動を終了・中止」の場合なら問題ありませんが、「Case2.転職活動は継続中」の場合には、改善余地があるかもしれません。

運営者
中途半端な転職活動にならないように、ぜひ検討してみてください!

状況別に確認すべきこと#1
転職活動を中断することになった

直近1年以内にまたサービスを利用することがあるのであれば、退会せずに停止手続きをとるという方法をおすすめしています。理由は以下の通りです。

  • 年会費等の費用が一切かからない
  • メール配信も設定で止めることができる
  • 再開するときに情報を入力し直す必要がない

このように、アカウントを停止したまま放置をしたとしても一切のデメリットがないため、特にこだわりがないのであれば、停止するようにしましょう。

リクルートダイレクトスカウトの停止方法

設定ページからスカウトサービスを停止する(1/2)

設定ページからメール配信設定を停止する(2/2)

これで停止手続きは完了です。以後、採用企業やヘッドハンターからプロフィールを見られることがなくなり、メールが配信されることもなくなります。

状況別に確認すべきこと#2
希望求人に応募しても書類が通らない

リクルートダイレクトスカウトで掲載されている求人に応募してもなかなか書類選考が通らないのであれば、原因は以下2つのいずれかです。

  • 希望条件が高すぎる
  • あなたの職務経歴書が魅力的ではない

そのため、リクルートダイレクトスカウトで求人に応募をしてもなかなか書類が通過しない場合は、以下のような点を見直してみてください。

状況別に確認すべきこと#3
良いヘッドハンターがいない

ヘッドハンターと面談をしてもあなたが希望している求人を紹介してもらえないケースであれば、以下のような原因が考えられるので、それぞれ確認していきましょう。

  • 転職意欲が低いと思われている
  • あなたの経歴にフィットする求人がない
  • 担当者との相性が悪い(ハズレを引いた)

転職意欲が低いと思われている

転職意欲が低いと思われると、求人を紹介してもらえにくくなります。なぜなら、転職エージェントはビジネスモデル上、転職希望者が求人に応募して採用されることで収益が発生する仕組みになっているので、転職する気のない方を相手にする時間は無駄になってしまうからです

例えば、以下のような項目に当てはまると、転職意欲が低いと見做される可能性があります。

転職意欲が低いと見做されるポイント
  • 転職理由や希望条件が曖昧
  • アドバイザーへの返信が遅い
  • 職務経歴書をいつまでも提出しない
  • 職務経歴書の内容が浅い
  • 推薦された求人案件を理由なく断る
  • 他社経由で内定をもらったと伝える
  • 遅刻やマナー違反など礼節に欠いた

上記でもよくあるのが「返信が遅い、忘れる」というものです。仮に忙しかったとしても、その旨を事前に伝えておき、平日夜や土日にしっかりと返信をするようにしましょう。

運営者
紹介求人に応募しないとしたら、どういった点が希望と異なるのかをしっかりと伝えることで意欲が伝わりますよ!無視はNGです!

あなたの経歴にフィットする求人がない

ヘッドハンターは、求職者を担当すると同時に採用企業側も担当しているので、企業の採用条件に合わない候補者を、企業側に提案することはありません(例えば、管理職経験豊富な30~40代の働き盛りが欲しい企業に、20代を紹介することはないのです。)

実際のところ、転職エージェントはビジネスモデル上、採用企業側から報酬をもらうことになり、長期的なお付き合いをするので、どうしても企業側を優先することになります

一方で、求職者はすべてのサービスが無料であり、転職はそうそうするものでもないので一度キリの付き合いとなる可能性がほとんどです。そのため、あなたが相当魅力的なスキルや経歴を持っていない限り、企業側の意向を大きく無視してまであなたを推薦することはないのです

運営者
残念ながら転職エージェントは企業ファーストです。なぜなら採用企業に嫌われて契約を切られてしまったら売上なくなりますからね。。

担当者との相性が悪い(ハズレを引いた)

ヘッドハンターの中には経験の浅い方も稀にいるので、相性が悪いなと感じたら変更を依頼するなり、別の転職エージェントを使うなりしましょう。

実際にリクルートダイレクトスカウトだと4,000人ほどのヘッドハンターが登録しており、検索機能から指名してサポートをしてもらうこともできるので、ぜひ活用しましょう。

運営者
業種はもちろん、業界経験年数で絞り込むことができるので、実績豊富なヘッドハンターに担当してもらうこともできますよ!

停止して放置するくらいなら退会しよう

リクルートダイレクトスカウトを1年以内に再開する見込みがないにも関わらず、放置するくらいなら「退会」をおすすめします。理由は以下の通りです。

放置するくらいなら退会すべき理由#1
新規登録したほうがスカウトが来やすいため

新規登録をするとスカウトが来やすい傾向にあります。なぜなら、新規登録した旨が求人企業やヘッドハンターにその旨が通知され、利用者のなかでも注目されやすくなるからです。

実際に規約にもその旨が記載してあります。

7.会員は、会員がリクルートダイレクトスカウトに新規会員登録または登録しているレジュメを変更・追加した場合、登録または変更・追加したレジュメのうち、匿名情報が、求人企業等にメール通知されることにつき、あらかじめ承諾するものとします。

引用元:リクルートダイレクトスカウト会員規約

放置するくらいなら退会すべき理由#2
1年以上ログインしないと、アカウント削除されるため

1年以上ログインしない状態が継続した場合にはアカウントが削除される可能性があることが、会員規約にも記載されています。

4.会員は、自らリクルートダイレクトスカウトのアカウントの削除を行わない場合であっても、1年以上、リクルートダイレクトスカウトにログインしない状態が継続した場合には、当社によるリクルートダイレクトスカウトのデータベースのメンテナンスの際に、リクルートダイレクトスカウトのアカウントが削除される場合があることをあらかじめ承諾するものとします。

引用元:リクルートダイレクトスカウト会員規約

放置するくらいなら退会すべき理由#3
停止するための手続きが退会より面倒だから

最後の理由は、停止するための手続きが退会より面倒だからです。以下のように、スカウトサービス及びメール配信で全8つの項目を停止する必要があります。

設定ページからスカウトサービスを停止する(1/2)

設定ページからメール配信設定を停止する(2/2)

これで停止手続きは完了です。以後、採用企業やヘッドハンターからプロフィールを見られることがなくなり、メールが配信されることもなくなります。

退会を決めたら念のため確認したいこと

就活/転職活動を終えた場合であれば、退会することに問題はありません。念の為、下記項目を確認してください。

退会前に確認したいこと
  1. 選考中の企業はないか
  2. 保存しておくべき情報はないか

では見ていきましょう!

退会前に確認したいこと#1
選考中の企業はないか

もしまだ選考中の企業があるのであれば、選考を辞退する旨を連絡しておきましょう。なぜなら、急に連絡が取れなくなってしまっては先方も困ってしまうからです。

特に、面接の予定を調整していた場合には、辞退の連絡を入れてあげてください

実際、面接の予定があるから待機していたのに、相手が来ないと非常に寂しいものです。来るのか来ないのかすらわからないので、そわそわします。

選考辞退のテンプレ文

○○株式会社 ご担当者様

お世話になっております。
◯◯でございます。

大変申し訳ございませんが、
諸般の事情により選考を辞退したくご連絡いたしました。

貴重なお時間を割いていただいたにも関わらず、
このような形のご連絡となってしまい、誠に申し訳ございません。

末筆ながら、貴社のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

退会前に確認したいこと#2
保存しておくべき情報はないか

リクルートダイレクトスカウトを退会すると全ての情報が消えてしまうので、今後のために「レジュメ」や各社の選考状況(どこを受けたか等)を保存しておくことをおすすめします。

特に職務経歴や自己PRといった文章は、次回転職活動をするときに参考になるものです。再度1から練り直すのは大変だと思いますので、どこかに保存しておきましょう。

他でおすすめな転職サービス

ここでは、リクルートダイレクトスカウトを使ってみたものの合わず、まだ転職活動を継続される方向けにおすすめの転職サービスを紹介していきます。

転職エージェントにも得意不得意があるので、保有求人や取引実績によって、あなたが志望する業種・役職に強いかどうかで使い分けられると理想です。いくつか併用して提案求人やサポートの質を比較していきましょう。

おすすめハイクラス転職サービス

年収600~1,000万円層なら
年収1,000万円〜or役員層なら

志望業種・役職で選ぶ転職エージェントおすすめ
スカウトサイト
外資系/グローバル
M&A/ファイナンス
IT/WEB/AIエンジニア
役員/エグゼクティブ
20代前半/第二新卒

迷ったら大手の「JACリクルートメント」や「リクルートエージェント」に登録しましょう。各業種ごとにいくつもの専門チームが分かれているので、あなたの経歴をもとに転職全般のサポートと非公開求人の紹介をおこなってくれます。

現時点で年収600万円以下なら

高年収に特化した転職エージェントだと、経歴によっては「紹介できる求人がない」と断られる可能性があります。そのため、幅広い年収層の求人を保有している大手転職エージェント(リクルートエージェントワークポートなど)を使うようにしましょう。

スカウト型のハイクラス転職サイト

ハイクラス層の転職では、ヘッドハンティング型サイトにも登録して、いつでも”企業から”スカウトが届く状態にしておきましょう。余談ですが”求人数”は気にしなくて構いません(中小規模エージェントが社名非公開で大量に傘増ししているので)。

スクロール可能です→
順位 スカウト型転職サイト 評価 基本 個別解説
総合評価 取引企業数 企業ブロック Pマーク
1位 ビズリーチ ★★★★☆
4.1/5.0
1.7万社 あり あり
2位 リクルートダイレクトスカウト ★★★☆☆
3.9/5.0
非公開 あり
(10社まで)
あり
3位 doda X ★★★☆☆
3.7/5.0
非公開 あり あり
4位 ミドルの転職 ★★★☆☆
3.6/5.0
非公開 あり あり
2024年4月更新

迷ったら、ビズリーチに登録しておけば十分です。企業ブロック機能があるのでバレにくく、人気のヘッドハンターを選ぶこともできるのでおすすめです。

外資系/グローバルに強い転職エージェント

外資転職に強い転職エージェントは下記の通りです。近年のDXバブルによって外資系企業(特にITコンサルティング)は採用拡大しているので年収を比較的上げやすい分野です。

スクロール可能です→
順位 転職エージェント 総合評価 必要年収 コメント
1位 JACリクルートメント ★★★★☆
4.11/5.0
600万円
以上
外資転職の高年収求人に強い
専門性の高いコンサル複数人が求人提案
2位 ランスタッド ★★★★☆
4.04/5.0
800万円
以上
世界最大規模の外資系エージェント
外資系”IT企業”のハイクラス求人に強い
3位 エンワールド ★★★★☆
4.09/5.0
600万円
以上
東京近郊の外資特化(年収800~2,000万円)
職業紹介優良事業者の認定あり

外資系企業となると、英文レジュメが必要であったり、面接がやや風変わりだったりと、特別な選考対策が必要になるので、専門性の高いエージェントを活用して有利に進めましょう。

JACリクルートメントはハイクラス全般に強く、外資系求人が豊富にあります。ランスタッドとエンワールドはそもそもが”外資系専門”なので高いノウハウに期待できるでしょう。

M&A/ファイナンス業界に強い転職エージェント

M&A、ファイナンス業界の転職に強い転職エージェントは下記の通りです。経営戦略やファイナンスといった上流職務の転職は、専門的なエージェントを使いましょう。

スクロール可能です→
順位 転職エージェント 総合評価 コメント 詳細
1位 ヤマトヒューマンキャピタル ★★★★☆
4.12/5.0
M&A業界の転職支援数No.1
経営×ファイナンス領域の支援に強い
2位 JACリクルートメント ★★★★☆
4.06/5.0
ハイクラス転職全般に強い
専門性の高いコンサル複数人が求人提案
3位 ムービン ★★★★☆
4.03/5.0
コンサル業界の転職支援数No.1
経営、金融アドバイザーを目指すなら

経営戦略やファイナンスに特化した職種であれば、YHC(ヤマトヒューマンキャピタル)は外せません。また、M&A仲介や戦略コンサルであればムービンがおすすめです。

もし現時点で、転職先の職種や業態を決めておらず、幅広くキャリアを検討したければ、全体をカバーしているJACリクルートメントに相談してみましょう。

IT/WEB/AIエンジニアに強い転職エージェント

IT/WEBエンジニアのハイクラス求人に強い転職エージェントを紹介します。近年では、IT人材の需要拡大に伴って転職しやすく、給与も上がりやすい傾向にあります。

スクロール可能です→
順位 転職エージェント 総合評価 必要年収 コメント
1位 レバテックキャリア ★★★★☆
4.06/5.0
600万円
以上
エンジニア専門の転職サービス
保有求人の70%が年収600万円以上
2位 ランスタッド ★★★★☆
4.04/5.0
800万円
以上
世界最大規模の外資系エージェント
外資系”IT企業”のハイクラス求人に強い
3位 JACリクルートメント ★★★★☆
4.02/5.0
600万円
以上
ハイクラス転職全般に強い
専門性の高いコンサル複数人が求人提案

業界出身のアドバイザーが、専門性の高いサポートをしていることで定評のあるエージェントを抜粋しました。

  • スペシャリストとして専門性を高める
  • 経営側(CTO、開発部長)
  • 事業側(PM、事業責任者)

上記のように「どのようにキャリアを積み上げていくべきか」といった方向性に悩むことが多いので、幅広い支援実績のある経験豊富なアドバイザーに相談するようにしましょう。

管理職/エグゼクティブに強い転職エージェント

ここでは企業の管理職、あるいは上級管理職(執行役員、CXO)であるエグゼクティブに強い転職エージェントを紹介していきます。

スクロール可能です→
順位 転職エージェント 総合評価 必要年収 コメント
1位 JACエグゼクティブ ★★★★☆
4.11/5.0
800万円
以上
スタートアップ、ベンチャー、大手企業
と豊富に案件を取り揃えている
2位 リクルートエグゼクティブ ★★★★☆
4.09/5.0
600万円
以上
取引企業数No.1の圧倒的求人数
グループ選りすぐりのアドバイザー力
3位 dodaエグゼクティブ ★★★☆☆
4.01/5.0
600万円
以上
高年収帯の公開求人数No.1
実績豊富なアドバイザーが多数在籍

基本的に、管理職やエグゼクティブの求人案件はコンフィデンシャルなものが多く、非公開求人として一部のエージェントに人材紹介を依頼するケースが多いです。

そのため、各社ごとにそれぞれ違った求人を持っているので、いくつか登録して定期的に案内をもらうことをおすすめします。

20代前半/第二新卒からハイクラスを目指すなら

ここでは20代前半(第二新卒)のうちからハイクラスを目指している方におすすめの転職サービスを紹介していきます。

スクロール可能です→
順位 転職エージェント 総合評価 コメント
1位 ビズリーチ ★★★★☆
4.11/5.0
大手スカウトサイト
20代から第二新卒向け求人も多い
2位 Assign ★★★★☆
4.04/5.0
キャリア診断・価値観診断あり
AIが最適な職種や業界を教えてくれる
3位 AMBI(アンビ) ★★★★☆
4.01/5.0
大手エングループ運営!
求人数最多の20代若手向け転職サイト
2024年4月更新

いずれも、20代からハイクラスを目指せる転職サイトです。それぞれ強みとしているところが異なっているので、利用してみてください。

特に、2位のAssignは、独自のキャリア診断があり、あなたの価値観をもとに年収を伸ばしやすい職種や業界、具体的な企業名を教えてくれるのが魅力です。

そのため、新卒で入社して数年経ち「このまま今の会社にいて良いのだろうか」と葛藤を抱えている第二新卒の方にもおすすめできます。

シェアはこちらからどうぞ!
ABOUT US
アバター
運営者
東証プライム上場企業の現役管理職。企業側として新卒・中途採用をしている経験と、自身が転職した体験談から記事を執筆。元転職エージェント。