MENU

CME薬剤師の評判・口コミ|薬剤師転職で使うべき?他社比較と全特徴

薬剤師の転職では、エージェント選びが転職後の満足度を左右すると言っても過言ではありません。中でも「CME薬剤師」は、求人数の多さに加えてサポート力に定評があるので、多くの方に利用されています。

この記事では、他の薬剤師転職サービスと比較しながら、特徴と評判の良し悪しを網羅的に解説。最後まで読めば、使うべきかを判断できます。

CME薬剤師の総合評価
  • 他社を差し置いて積極的な推奨はしない
    職種によっては十分な求人を持っているが、他の大手転職サイトと比較するとやや劣る。新着求人を取りこぼしかねないので、まずは他社を優先したい。
  • 求人を網羅するために大手を利用しよう
    大手で求人件数が多くサポート体制も安定しているサイト(ファルマスタッフなど)を利用して、定期的に新着求人を紹介してもらえるようにしよう

\好条件な薬剤師求人を探すなら/

利用者のレビュー評価が良かった
おすすめ転職サービス5選

看護師転職サイトを利用した上で、利用者の口コミ調査を実施。自信を持っておすすめできる転職サイトを厳選しました。(2024年4月更新)

スクロールできます
順位サービス名おすすめ度求人掲載数コメント公式サイト個別解説

1位

ファルマスタッフ
★★★★★
5/5
50,000件
以上
最大手の薬剤師求人サイト
どの施設・雇用形態も求人が豊富
詳しく見る評判を見る

2位

マイナビ薬剤師
★★★★★
5/5
45,000件
以上
丁寧なサポートで満足度が高い
全国各地に拠点があり地方でも強い
詳しく見る評判を見る

3位

薬キャリエージェント
★★★★☆
4/5
35,000件
以上
登録者数No.1サイトを運営
高年収求人が多く年収UPに強い
詳しく見る評判を見る
4位
ファーマキャリア
★★★
3/5
34,000件
以上
希望からオーダーメイド求人を提案
2015年開始と後発ながら勢いがある
詳しく見る評判を見る
5位
リクナビ薬剤師
★★★
3/5
23,000件
以上
最大手人材会社リクルートが運営
業界専任のアドバイザーがサポート
詳しく見る評判を見る
薬剤師転職サイト比較表
目次

CME薬剤師の特徴まとめ

CME薬剤師の特徴まとめ
  • 医療業界専門転職エージェントなので、コンサルタントの質が高い
  • 高時給で働ける派遣薬剤師の求人にも対応
  • 薬学生の新卒就職サポートも行っている

CME薬剤師は、医師や薬剤師などの医療従事者に特化した人材会社「株式会社CMEコンサルティング」が運営している薬剤師専門転職サイトです。

医療従事者の転職を支援するエージェントの中の薬剤師転職エージェントなので、医療業界の太いパイプからなる専門的なキャリアサポートが期待できるでしょう。

また公開求26,000件と豊富にあり、正社員やパートに加え、派遣薬剤師といった雇用形態にも対応しているなど、多様な働き方で検索できるところがポイントです。

CME薬剤師のコンサルタントは質が高く、求職者1人につき専任のコンサルタントがつくため手厚いサポートが期待でき、医療機関の最新情報や動向をくまなく教えてくれるでしょう。

また業界特化型の転職エージェントとしては拠点も多く、東京本社に加えて、名古屋、大阪、福岡と全国4拠点を構えています。比較的総合力の高い薬剤師転職エージェントです。

公式サイト
https://cme-pharmacist.jp

良い評判・メリット

ここではCME薬剤師のメリット・デメリットを解説します。幅広い年代、地域、職種を対象に実施した調査から、CME薬剤師の特徴を整理すると、以下のようになりました。

良い評判・メリット
  • 医療業界専門転職エージェントなので、コンサルタントの質が高い
  • 高時給で働ける派遣薬剤師の求人にも対応
  • 薬学生の新卒就職サポートも行っている

それでは、個別に解説していきます。

良い評判・メリット#1
医療業界専門転職エージェントなので、コンサルタントの質が高い

CME薬剤師は、医療業界に精通した転職エージェントなので、専門的な知識を持つコンサルタントからのサポートが期待できます。

CME薬剤師はCMEコンサルティングの中の転職サービスのひとつで、その他に医師や看護師に特化した転職サービスも展開しています。姉妹サービスの横のつながりから、医療業界における最新の転職事情も聞けるかもしれません。

薬剤師として働くにあたって、どこで働くべきか、どんな職場でキャリアを積めばいいのかということを、医療業界を横断的にみてアドバイスしてくれるでしょう。

良い評判・メリット#2
高時給で働ける派遣薬剤師の求人にも対応

CME薬剤師の求人数は約1万8千件と多くはありませんが、人気の高い派遣薬剤師として働く選択肢があるのは大きなメリットです。

派遣薬剤師の良さは、残業がないだけでなく、希望曜日・時間で働くことが可能であること。9時から18時までのフルタイム勤務や、9時から15時までの時短勤務のほか、2か月といった期間限定の働き方もあります。

また時給3,000円以上の高水準の求人も多く、3,500円や4,000円を超える案件の取り扱いもあります。これらの求人は人気であるゆえ、すぐに掲載終了となってしまうため、気になる方は、こまめにサイトを検索してみるとよいでしょう。

良い評判・メリット#3
薬学生の新卒就職サポートも行っている

CME薬剤師の3つめの特徴は、薬学生の新卒就職サポートも行っているということ。

ひと口に薬剤師といっても、病院、調剤薬局、ドラッグストア、民間企業、研究者など、様々な働き方があります。

医療業界の転職事情に精通しているCME薬剤師であれば、医療業界全体を見渡したうえでキャリアのアドバイスをしてくれるでしょう。就職先を迷っている薬学生は、CME薬剤師に登録してみてもよいかもしれません。

悪い評判・デメリット

悪い評判・デメリット
  • 大手に比べて求人数が少ない
  • 地方の求人は都市圏より少ない
  • 在籍しているヘッドハンターの数が不明

悪い評判・デメリット#1
大手に比べて求人数が少ない

CME薬剤師で公開されている求人数は1万8千件前後なので、大手エージェントと比べるとやや少ないと言えます。

例えば、マイナビ薬剤師は常時4万件以上、リクナビ薬剤師は3万5千件以上、ファーマキャリアも3万2千件以上と、大手と言われる薬剤師専門転職エージェントでは、常時3万件は求人を保有していると言えます。

その中で1万8千件弱という数字は、求人数を重視するのであれば、やや見劣りしてしまうかもしれません。

悪い評判・デメリット#2
地方の求人は都市圏より少ない

全体的に求人数が少ないCME薬剤師ですが、地方エリアは大都市エリアに比べてさらに求人が少ない傾向にあります。

東京や神奈川、大阪、名古屋、福岡の求人は1,000件〜2,000件ほどありますが、それ以外の地方都市はで、地域によっては200件以下と、公開されている求人が極端に少ない場合も。

求職者の居住地域や転職希望地域によっては、利用するメリットがないと言えそうです。

悪い評判・デメリット#3
在籍しているヘッドハンターの数が不明

他の転職エージェントやヘッドハンターには企業ホームページで担当コンサルタントやヘッドハンターの在籍数、またコンサルタントページも存在します。

ただしエグゼクティブ転職ではコンサルタントについての情報が掲載されていたにため、その点は不明なことが多く、情報量が少ないです。

ただし業界に精通したキャリアアドバイザーが担当になるので、自分がいる業界に詳しいコンサルタントがアドバイスをしてくれることに間違いはありません。

利用をおすすめできる条件

CME薬剤師は、医師や薬剤師などの医療従事者に特化した人材会社・CMEコンサルティングの、薬剤師専門転職サイトです。

医療従事者の転職を支援するエージェントの中の薬剤師転職エージェントなので、医療業界の太いパイプからなる専門的なキャリアサポートが期待できるでしょう。

  • 都市圏で納得のいく転職サポートを受けたい
  • 派遣薬剤師として働きたい
  • 新卒就職時から手厚いサポートやキャリアのアドバイスを受けたい

利用は無料なので、気軽に相談しましょう。

公式サイト
https://www.cme-pharmacist.jp

とはいえ、そもそもの掲載求人数が少ないので、登録後すぐに条件に合う求人を紹介してもらえるわけではありません

そのため、CME薬剤師だけでなく、次で紹介するような転職サービスもチェックしていきましょう。

他の薬剤師転職サイト/エージェント

転職サイトは複数登録することで、転職活動をより効率的に進めることができるようになります。1つに絞らずに、紹介求人やサポートを比較しましょう。

転職サイトを比較するポイント
  • 保有求人の質・量
  • アドバイザーの提案力やサポート力
  • サポート全般の充実度
スクロールできます
順位サービス名おすすめ度求人掲載数コメント公式サイト個別解説

1位

ファルマスタッフ
★★★★★
5/5
50,000件
以上
最大手の薬剤師求人サイト
どの施設・雇用形態も求人が豊富
詳しく見る評判を見る

2位

マイナビ薬剤師
★★★★★
5/5
45,000件
以上
丁寧なサポートで満足度が高い
全国各地に拠点があり地方でも強い
詳しく見る評判を見る

3位

薬キャリエージェント
★★★★☆
4/5
35,000件
以上
登録者数No.1サイトを運営
高年収求人が多く年収UPに強い
詳しく見る評判を見る
4位
ファーマキャリア
★★★
3/5
34,000件
以上
希望からオーダーメイド求人を提案
2015年開始と後発ながら勢いがある
詳しく見る評判を見る
5位
リクナビ薬剤師
★★★
3/5
23,000件
以上
最大手人材会社リクルートが運営
業界専任のアドバイザーがサポート
詳しく見る評判を見る
薬剤師転職サイト比較表

どれにしようか迷ったら、上位サイトに登録して、よかったところに絞ることをお勧めします。

転職サイトは最初から一つに絞らないことで、担当者の当たり外れリスクを防ぎつつ、紹介求人を取りこぼさないようにしておきましょう。

編集部

最初に3つほど登録し、紹介される求人を比較してくださいね!

よくある質問と回答/転職ノウハウ

最後に、よくある質問と転職ノウハウをFAQ形式で整理しました。少しでもお役に立てれば幸いです。

<転職エージェント関連>

それぞれ簡単に説明していきます。

Q. 転職エージェントとは?

転職エージェントとは、人材を採用したい企業(薬局やクリニック等)と、企業に就職したい求職者をマッチングさせる人材紹介サービスのことです。転職のプロが間に入り、双方にとって最適な組み合わせを実現します。

薬剤師にしてくれること
  • 企業の紹介
  • 企業側への推薦
  • 選考対策(書類、面接)
  • 選考結果のフィードバック
  • 優秀なら給与交渉も可能(望みは薄いが)
採用企業/病院側にしていること
  • 人材紹介
  • 求人票作成、改善提案
  • 求職者側へのプッシュ
  • 各種調整

求職者は無料で利用できます。実績から培われた転職ノウハウを得ることができるので、情報収集のためにも登録することをおすすめします。

Q. 転職エージェントはなぜ無料?

職業安定法によって「求職者から手数料や報酬を受けてはならない」と定められているからです。

(手数料)
第三十二条の三 第三十条第一項の許可を受けた者(以下「有料職業紹介事業者」という。)は、次に掲げる場合を除き、職業紹介に関し、いかなる名義でも、実費その他の手数料又は報酬を受けてはならない。
一 職業紹介に通常必要となる経費等を勘案して厚生労働省令で定める種類及び額の手数料を徴収する場合
二 あらかじめ厚生労働大臣に届け出た手数料表(手数料の種類、額その他手数料に関する事項を定めた表をいう。)に基づき手数料を徴収する場合
○2 有料職業紹介事業者は、前項の規定にかかわらず、求職者からは手数料を徴収してはならない。ただし、手数料を求職者から徴収することが当該求職者の利益のために必要であると認められるときとして厚生労働省令で定めるときは、同項各号に掲げる場合に限り、手数料を徴収することができる。

引用元:職業安定法32条の3第2項

上記のように、一部の例外を除いて、有料職業紹介事業者(転職エージェント)は、求職者(仕事を探している人)から、手数料を受け取ってはいけない決まりがあります。

Q. 転職エージェントの仕組みは?

採用された場、採用企業から報酬を受け取る仕組みです。その金額は『想定年収の2~3割ほど』にあたり、年収500万円で転職させると100~150万円が支払われることになります。

一見、高い金額に見えるものの、転職エージェントが候補者を集めて提案までしてくれるため、「より募集要項に合った人材を工数をかけずに採用できる」という利点から、積極的に人材募集している企業であれば必ず利用しています。

そのため、転職エージェントにとっては、最優先されるべき取引相手は採用企業なので、信用しすぎないように注意してください。

Q. 転職エージェントは複数利用すべき?

はい。複数利用すべきです。

転職エージェントによって保有求人や対応の質が全く異なるので、比較するため、かつより多くの非公開求人を集めるためにも複数利用をお勧めしています。

Q. 転職エージェントは何社利用すべき?

転職エージェントは「3社」利用することをおすすめします。

実際に、エージェント利用者向けのアンケート調査(有効回答数1,515件)でも、利用社数に応じて最終的な満足度が大きく変わり、以下のことが判明しています。

  • 1社だと満足度が低い
  • 3社までは満足度が上がり不満率も下がる
  • 4社以上利用しても大きな差がない
利用社数満足普通不満
1社のみ66.5%24.5%8.9%
2社70.5%22.2%7.3%
3社74.3%20.6%5.1%
4社75.0%20.5%4.5%
5社74.0%22.0%4.1%
利用社数と満足度の分布(有効回答数1,515件)

このように、1社のみを利用した場合に比べて、3社以上を利用することで、「満足した割合が10pt近く高くなる」「転職に不満を持っている割合が半分になる」といった差が出ています。

編集部

ただ、4社以上利用してもあまり結果が変わらないのと、同時に多く併用すると連絡が大変になってしまうので「3社」をおすすめします!

Q. 転職エージェント利用の流れと活用方法

転職エージェントを利用する流れは以下の5ステップになります。活用ポイントと一緒に見ていきましょう。

STEP
登録・申し込み

サイト上で大学名や名前、志望業界といった基本情報を登録します。メールアドレスは転職専用のものを作っておきましょう。

ポイント
  • 転職エージェントは複数登録する
  • 就職活動用のメールアドレスを作る
STEP
担当アドバイザーと面談

担当アドバイザーとの面談で、希望する業界や条件を伝えます。あなたの適性や転職力を知る目的で、将来の展望やガクチカを聞かれます。

ポイント
  • 事前に希望条件を整理しておく
  • 経験を盛るとしても嘘にならない程度に
  • 担当者と合わなければ変更する
  • その後、担当者にはこまめに返信する
STEP
選考対策(書類添削、面接練習)

担当によっては履歴書添削や面接練習をしてます。ただ「今のままでもどこかは受かる」と思われると時間をかけてもらえないので依頼しましょう。

ポイント
  • 自分から依頼する
  • 面接の想定質問を事前に聞いておく
  • フィードバックが少ない担当は変更する
STEP
求人紹介、応募

あなたの希望する業界や適正に合わせて病院/施設を紹介してくれます。ただ、希望でなくても、企業側の採用要件に当てはまっていると思えば上手く理由をつけて紹介してくるので、キッパリ断りましょう。

ポイント
  • 担当者に採用基準を聞く
  • 応募時の推薦文を必ず確認する
  • 他の求職者が見送られた理由を聞く
  • よくされる質問と評価のポイントを聞く
  • むやみやたらに求人へ応募しない
STEP
選考結果の伝達

どのような選考結果でも面接の感想を教えてくれます。ただ、面接担当がツール上に記載した文章をコピペするだけのケースが多いので、見送りの場合は詳しく聞いてください。内定の場合は、書類のやり取りをしてくれます。

ポイント
  • 選考に落ちた理由は詳しく聞く
  • 見送られた理由をもとに対策を依頼する
  • 言いなりにならず、自分の意思で決断する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次