サービス終了:日経HRエグゼクティブ転職の評判・口コミ|他社比較と全特徴

日経HRのエグゼクティブ転職サービスですが、2022年4月25日を最後にサービス終了してしまっており、利用することができません。

すでにサービスは終了していて新規登録はすることはできませんが、過去ログとして、ハイクラス層364人の口コミをもとに整理した評判を残しておきます。

現時点で転職を検討されている方は、以下記事からおすすめの転職エージェントを参考にしてください。

日経HRエグゼクティブ転職の特徴

日経HRのエグゼクティブ転職は、2022年4月25日にサービス終了した、日経HRとリクルートエージェントが共同で運営していたヘッドハンティング型転職サイトです。

登録をすればエグゼクティブ転職と提携をしている転職エージェントから直接スカウトメールが届くシステムになっているので「いい案件があれば検討したい」という方におすすめできました。

特徴まとめ
  • 2022年4月25日にサービス終了
  • 日経HRとリクルートが運営
  • ハイクラス・エグゼクティブ求人豊富
  • 複数転職エージェントからスカウトが来る

ただ、他サービスに比べるとスカウト数で大きく劣る傾向にありました。おそらく、同じくリクルートが運営するリクルートダイレクトスカウトや、CMで有名なビズリーチに押されて、求職者とヘッドハンターのいずれとも積極的には利用していないのかもしれません。

もちろん同じ情報(東証プライム上場企業の事業部長(年収1,200万円))で登録して検証しましたが、他サービスは莫大なスカウトが来たものの(多ければいいというものでもありませんが...)日系HRからはほとんど来ませんでした。(2022年1月時点)

そのため、他サービスにシェアを押される形で売上が縮小し、事業継続が困難になったために、サービスが終了してしまった(2022年4月25日)のでしょう。

日経HRエグゼクティブ転職の基本情報
前提 サービス終了済み
タイプ スカウトサイト
得意 エグゼクティブ
対象地域 全国+海外(アジア圏中心)
求人件数 31,057件(2022年3月16日時点)※以後更新なし
運営会社 株式会社日経HR(企業HP
Pマーク あり

他スカウトサービスとの比較

ハイクラス転職エージェントの利用者364名へのアンケートの結果、日経HRエグゼクティブ転職の総合評価は「5位」と高評価でした。

スクロール可能です→
順位 スカウト型転職サイト 評価 基本
個別解説
総合評価 取引企業数 企業ブロック Pマーク
1位 ビズリーチ ★★★★☆
4.1/5.0
1.7万社 あり あり
2位 リクルートダイレクトスカウト ★★★☆☆
3.9/5.0
非公開 あり
(10社まで)
あり
3位 dodaX ★★★☆☆
3.7/5.0
非公開 そもそも企業
スカウトなし
あり
4位 ミドルの転職 ★★★☆☆
3.6/5.0
非公開 あり あり

※2024年2月時点の評価

2024年2月時点において、転職エージェントのみのスカウト型転職サイトであり、民間企業が登録していないため、あなたの在籍企業にバレることがないのが他にない強みです。

口コミからわかる良い悪い評判を検証

幅広い年代、地域、職種を対象に実施した調査から、エグゼクティブ転職(日経HR)の特徴を整理すると、以下のようになりました。

それでは、個別に解説していきます。※リンクをタップクリックすればジャンプします。

良い評判(1) ハイクラスエグゼクティブ求人が非常に豊富

日経グループとリクルートグループが企業から様々な求人案件を受けておりますが、ポジションはハイクラス案件が多くなっています。

そして、グローバル展開している企業との関係性も強く、グローバルな働き方を希望している人にとっても、海外絡みのマッチした求人案件が多いことも特徴の一つです。

またハイクラス求人が多いため、求人案件は非公開になることが多く、全体の80%が非公開求人です。

この非公開求人は求人検索の際に、社名がわからないデメリットがありますが、非公開求人は他にはない厳選された貴重な案件であることが多い特徴があります。

ハイクラスポジションであればどうしても非公開になることが多く、求職者にとっては希少価値の高い求人案件をたくさん抱えているのだと認識していいでしょう。

例えば以下のようなものです。

このように、エグゼクティブ転職(日経HR)は、高年収求人を多く持っているので、どのような案件があるかだけでも一度聞いてみると良いでしょう。

良い評判(2) 様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍

人材紹介業界最大手のリクルートエージェントを始め、全てで400人以上の日経・リクルートグループの優秀なヘッドハンターが多く在籍しています。

このヘッドハンターは各業界に精通しているので、細かい説明をしなくても自分の経験を理解してくれますし、業界ならではのアドバイスを受けることも可能です。

また業界に精通しているということは伸びている企業やシュリンクしている企業の情報も最新の内容を理解しており、業界研究を行うこともできます。

さらに業界を変えたい場合も各業界に特化したコンサルタントが在籍しているため、安心することができ、どの業界でも深い話を聞くことが可能です。

このように業界に精通したキャリアアドバイザーがいることは求職者にとって非常にメリットになります。

良い評判(3) ヘッドハンターからスカウトメールが届く

エグゼクティブ転職の登録は無料でだれでも簡単に時間をかけずに登録をすることができます。

そして会員登録すると、非公開求人へのエントリーやヘッドハンターからの直接スカウトメールを受け取ることが可能です。

さらにスカウトに関してはエグゼクティブ転職と提携している複数の転職支援会社数社から直接ヘッドハンティングを受ける流れになります。

また日経グループとリクルートグループが信頼している実績のある転職エージェントと提携していることもあり、マッチした希望にピッタリな案件を受け取ることが可能です。

良いスカウトを受け取るためには登録段階で自分の経歴や希望を出来るだけ具体的に記載することをお勧めします。なぜならばヘッドハンターは数多くの求職者のレジュメをしっかり見ます。

ここで情報量が少ない場合は判断に迷いますので、出来る限り多くの情報を登録しましょう。

そして自身でスカウトを受け取り、自分が興味を持てば、ヘッドハンターと面談を実施します。
面談の中で具体的な経験や希望を話し、企業へ推薦をしてもらうフローです。

その後、面談をしたヘッドハンターが企業へ推薦をするので、自分の良さを知ってもらっている安心感を持つことができます。

もちろん書類選考の通過率も通常の転職サイトよりも高く、入社までの近道になることでしょう。

悪い評判(1) 年収案件が低いポジションも多い

ハイクラス・エグゼクティブに特化していると謳っているものの年収が低い案件もあります。

特に非公開ではなく、求人検索できる企業では年収レンジが低い企業が多くなっています。

これはハイクラスの方が社外に極秘になることが多いためです。

このようにポジションが役職になるためにコンフィデンシャルにして企業は募集を進めることが多くなります。

また求人検索に際には年収が低い求人案件が多いと感じてしまうかもしれません。

あくまでヘッドハンティングのスカウトを得意としている転職サイトですので、自分でどんどん探していきたい人はミスマッチを感じてしまうでしょう。

ただしハイクラス案件のスカウトは多数ありますのでメリットも多くあります。

自分の希望と照らし合わせて複数の転職サイトを利用することがお勧めです。

このようにエグゼクティブ転職では厳選された良い案件のスカウトを取ることを意識していきましょう。

悪い評判(2) 未経験者向けの求人が少ない

日系とリクルートの大手転職会社が運営しているものの、求人案件はハイクラス案件が多いため、未経験者向けの求人が少ない現状です。

例えば20代の若手層やキャリアチェンジを希望する人にとっては案件数が少ないと感じてしまうかもしれません。

ただし20代には20代専門の転職エージェントがあり、未経験者が多く掲載されている転職サイトも存在します。

そういった会社と比べると未経験者向けの求人は少なくなってしまうので注意が必要です。

ただし20代でもハイクラス求人を探している人にとってエグゼクティブ転職はお勧めできます。

悪い評判(3) 在籍しているヘッドハンターの数が不明

他の転職エージェントやヘッドハンターには企業ホームページで担当コンサルタントやヘッドハンターの在籍数、またコンサルタントページも存在します。

ただしエグゼクティブ転職ではコンサルタントについての情報が掲載されていたにため、その点は不明なことが多く、情報量が少ないです。

ただし業界に精通したキャリアアドバイザーが担当になるので、自分がいる業界に詳しいコンサルタントがアドバイスをしてくれることに間違いはありません。