マイナビ転職は転職で使うべき?口コミ評判からわかる特徴&注意点

マイナビ転職に登録しようとしても、

「このまま登録して良いのかな」
「悪い評判があれば事前に知っておきたい」

などと、気になりますよね。

マイナビ転職のような転職サービスに登録すれば、希望にあった求人を見つけ、効率的に転職を進められる可能性がありますが、

全ての人にお勧めできるわけではありません。

このページでは、転職エージェントとして多くの求職者を支援してきた筆者が、X(旧Twitter)や5ch、独自アンケートの口コミを元に、マイナビ転職の評判を整理しました。

<公式サイト>
https://tenshoku.mynavi.jp/

マイナビ転職|株式会社マイナビが運営する国内大手転職サイト

求人数 18,525件+非公開 口コミ評判 ★★★★☆
エリア 全国・海外 対応職種 全職種
本社所在地 竹橋オフィス
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号 パレスサイドビル

※2023/8/17更新

公式サイト
https://tenshoku.mynavi.jp/

「マイナビ転職」は国内最大級の転職サイト。リクナビに続き圧倒的な知名度・会員数を誇る、株式会社マイナビが運営しています。

就職活動の「定番」として一度はマイナビのサービスにお世話になったという方も多く、転職の際にもその延長として引き続きサービスを利用するという方も多いようです。

取り扱う求人は年齢層・職種ともに幅広く、全国各地の膨大な案件を保有。特に20〜30代の若手向けの求人が充実しており、転職活動の際にはまずおさえておきたい転職サイトです。

マイナビ転職の特徴として、転職支援サービスが種類・内容共に充実している点が挙げられます。

例えば、マイナビ転職にある「転職MYコーチ」というサービス。

これは、専任のキャリアドバイザーが面接のアドバイスや履歴書の添削を、1人1回・無料で行ってくれ、求人についても希望条件にマッチしたものを紹介してくれるというサービスです。

こういった支援サービスは、専任のアドバイザーが在籍している「転職エージェント」ではよく見られますが、転職サイトでこうした支援が受けられるのは、マイナビ転職ならではのメリットと言えるでしょう。

またマイナビでは、全国各地でさまざまなテーマの転職フェアを開催しています。

転職ノウハウやキャリア相談ができる各種セミナーや、求人企業と参加者が直接話すことができる合同説明会など、会員であれば無料で参加が可能です。

こうした転職イベントにより、求人情報からだけではなかなか得られない企業の雰囲気や社風、社員とのリアルなやり取りなど貴重な情報を得ることができ、入社後に自分が働くイメージを描くことができるでしょう。

他にも特典付きの企業からのスカウトメールや、企業へ直接質問ができる「質問機能」など、マイナビ転職独自のサービスが充実。

膨大な求人の中から、自分の希望や適性にマッチした企業を探す検索機能も使いやすいと評判です。

若手の転職をはじめ幅広い求人を扱うマイナビ転職。充実している各種支援コンテンツも最大限に活用しつつ、転職成功を目指しましょう。

次章からは、利用者の口コミを分析してわかった、マイナビ転職の良い評判と悪い評判を詳しく解説していきます。

口コミからわかる良い悪い評判を検証

幅広い年代、地域、職種の300人を対象に実施した調査から、マイナビ転職の特徴を整理すると、以下のようになりました。

それでは、個別に解説していきます。※リンクをタップクリックすればジャンプします。

メリット(1) 保有している求人が量・質ともに豊富

人材業界大手のマイナビ。その豊富な求人数は、リクナビに続き国内トップクラスを誇ります。

会員数も多く、業種や職種、年齢層など多種多様の求人が集まっているため、利用者のあらゆるニーズを満たす求人を見つけることができ、希望どおりの転職に成功したという声も見られました。

さらに、マイナビ転職は、会員登録をしなくても求人を検索したり、企業の詳細情報を閲覧したりすることができます。個人情報の登録に消極的な方でも、気軽に求人情報が見られるのは便利ですね。

中には会員登録をしないまま、マイナビ転職の求人情報の閲覧のみで無事転職できたという方も。

公式サイトの検索機能も充実しており、細かい条件で絞り込むこともできるので、膨大な求人の中からでも、自分にマッチした求人を探し出せるでしょう。

ですが、求人の分野によっては、比較的数の少ないものもあるようです。

ニッチな業種や職種、ハイキャリア向け、40代以降のミドル・シニア層向け、地方の求人などは数が少ない傾向が。

そんなマイナビ転職のデメリットを補うため、マイナビでは以下のような分野別に特化した関連サイトも運営しています。

他にも、公式サイトの検索には、エンジニア向けの求人や女性の転職者におすすめの求人、海外勤務や外資系などのグローバル求人など、いくつかの分野で求人情報がまとめられています。

自分の希望条件に合わせてこれらのサイトや検索機能を活用しつつ、効率良く転職活動を進めて行きましょう。

メリット(2) 企業情報や転職ノウハウを得られる支援サービスが充実

マイナビ転職には、転職活動をサポートする、さまざまな支援コンテンツが用意されています。

例えば求人企業に直接質問ができる「質問機能」。すべての企業が対象ではありませんが、求人情報に「質問ボタン」がある企業へ直接質問を送ることができます。

気になることがあれば、応募する前に企業に確認してみましょう。

また、マイナビが全国各地で開催している「転職フェア」も好評です。

会員は、これらのセミナーや合同企業説明会などに無料で参加することができます。

企業と参加者が直接話すことができるこの機会は、リアルな内部情報や社風を自分の目で確かめ、お互いがお互いにマッチするかを見極めるための良いチャンスになるでしょう。

転職セミナーでは転職ノウハウの紹介やキャリア相談などが実施されており、フェアによっては来場特典としてプレゼントがあることも。

転職を迷っている方でも、マイナビ転職に登録していれば無料で参加可能なので、業界や転職に対する視野を広げたり、今後のキャリアプランを考えたりするきっかけとして、参加してみてください。

この他にも「適性診断」動画セミナーなど、マイナビ転職には各種サービスが充実しています。

転職を考える方は、求人検索とともにこれらのサービスを活用して、転職成功を目指しましょう。

メリット(3) 特典付きのスカウトメールが届くことがある

マイナビ転職に登録しておくと、企業や転職エージェントからスカウトメールが送られてくることがあります。

スカウトメールとは、利用者が登録したWEB履歴書の内容や、希望条件に興味を持った求人企業や転職エージェントから「ぜひ応募して欲しい」と送られてくるスカウトメッセージのこと。

マイナビ転職のスカウトには主に4種類。求職者の希望職種や経験職種、希望条件とマッチしたもの、そして転職エージェントからのメッセージがあります。

スカウトメッセージの中には「書類選考免除」「一次面接免除」など特別な特典付きのものも。

募集企業や募集条件によって内容は異なりますが、このような「プレミアム特典」のスカウト経由なら、転職成功の可能性が高まります。

また「スカウト限定求人」という非公開の求人もあります。これは、スカウトメッセージを受け取った利用者のみが求人を閲覧・応募することができる求人です。

このような限定求人は、公開されると応募が殺到するような優良案件・レア案件の可能性が大いにあります。

WEB履歴書や希望条件などをしっかり入力し、企業とのマッチング率を高められるよう備えておきましょう。

デメリット(1) 求人案内メールは大量に届くが、自分の希望に合わない内容の求人も多い

マイナビ転職に登録すると、連日のように企業やマイナビから膨大な求人案内メールが届きます

とにかく保有している求人情報が膨大なので、自分にマッチすると思われる求人やおすすめの求人案内が大量に届いてしまうのです。

これはマイナビ転職に限らず、大手転職サイトの利用者にはよくあることですが、届いたメールをチェックするだけでも、かなりの時間がとられてしまうのは否めません。

届いた求人の中については、同じ企業から重複した連絡が来ていたり、希望条件とズレた内容の求人が届いたり、といった不満の声も見受けられました。

さらにマイナビ転職では、求人情報だけでなく、メールサービスとして複数のメールマガジンも配信しています。もしメールマガジンが不要であれば、配信停止手続きをしておくのがおすすめです。

このように大量の求人メールを全て見ていくのは大変ですが、スマホ版アプリを利用して隙間時間に捌いていくなど、時間を見つけて、根気よく自分にマッチした求人を探して行きましょう。

デメリット(2) 募集要項と実際の現場の内容が違っていた

掲載されている求人情報が、実際の現場と違うという口コミも見られます。

求人の中には「釣り的な内容の求人があった」「求人の募集要項の内容と実際の雇用条件にギャップがあった」など、その求人が魅力的に見えるよう、事実よりも盛られた内容だと感じるものもある、という声も。

他にも、転職活動の末にいざ入社してみると「休日の日数が求人に掲載されていた情報と違っていた」「マイナビに自分の要望を伝えた上で採用が決まったが、企業側には自分の要望が伝わっていなかった」など、無事転職を果たした方の中には、入社後にミスマッチが起こって困惑してしまった、という方もいるようです。

雇用形態や職場に対して要望がある場合、マイナビ転職の質問機能を利用して応募前に企業に確認したり、他の転職エージェントなどを活用して専任のキャリアアドバイザーに直接相談するなど、さまざまな手段があります。

転職後のトラブルを防ぐためにも、色んなところから情報を収集し、あらゆるデータを照らし合わせながら、納得のいく転職活動を進めていきましょう。

デメリット(3) スカウトメールで希望条件に合わない求人がくることも

転職サイトに登録していると届く、企業などからのスカウトメール。

企業からのスカウトにより、求職者とのマッチング率が高まったり、転職活動をスムーズに進められる特典があったりと、転職を後押ししてくれるシステムですが、中には条件にマッチしない企業からスカウトが来ることもあるようです

マイナビ転職の口コミには「送られてきたのは評判の良くない企業からのスカウトだった」などのネガティブな内容も寄せられていました。

「離職率が高い」「募集を出してもなかなか人が集まらない」といった、いわゆるブラック企業は、人が定着せずに常に人手不足のケースが多いので、長期間にわたり求人を出していることも少なくありません。

そのような企業からであれば、会員が登録した雇用条件や経歴が求人内容と多少ずれていても、スカウトメールが来てしまうことがあるようでした。

転職活動では、スカウトの場合も、サイトで見つけた求人も、自分でその企業についてしっかりリサーチし、転職先として最適か否か見極めることが重要です。

マイナビ転職では、求職者側から一部の企業に直接質問ができる質問機能があります。気になることや疑問に感じることがあれば、応募する前に企業に直接質問してみましょう。

人生の大きな転機となる転職です。転職サイトで提供されているサービスは最大限活用しましょう。

【結論】利用をおすすめできる条件

ここまでで解説したマイナビ転職の良い評判と悪い評判を再掲すると、以下のようになります。

◎良い評判
  • 保有している求人が量・質ともに豊富
  • 企業情報や転職ノウハウを得られる支援サービスが充実
  • 特典付きのスカウトメールが届くことがある
×悪い評判
  • 求人案内メールは大量に届くが、自分の希望に合わない内容の求人も多い
  • 募集要項と実際の現場の内容が違っていた
  • スカウトメールで希望条件に合わない求人がくることも

マイナビ転職は、業界最大手のマイナビが運営する、自分で求人を探す転職サイトです。

求人内容とリアルな現場との乖離、希望条件にあうスカウトメールが少ないなどのネガティブな口コミはあるものの、保有している求人の多さや、特典付きのスカウトメールなどには定評がありますので、登録して損はないサービスだと言えるでしょう。

上記を踏まえると、マイナビ転職は以下に当てはまる方に特におすすめできます。

マイナビ転職がおすすめな人
  • 様々な求人を見た上で転職先を決めたい方
  • 転職サイトを使うならまずは大手に登録しようと思っている方
  • しっかり情報収集をしつつ転職活動に臨みたい方

利用は無料なので、気軽に相談してみましょう。

公式)https://tenshoku.mynavi.jp/

とはいえ、より良い求人を見つけるためには複数併用すべきです。

そのため、マイナビ転職だけでなく、次で紹介するような転職エージェントもチェックしていきましょう。

他におすすめな転職エージェント

ここでは他に登録したい転職エージェントを紹介していきます。1社に絞らず、複数サービスを利用することで、応募できる求人の幅を広げるようにしてください

転職エージェントの比較ポイント
  • 総求人数(公開求人+非公開求人)
  • 利用者の満足度(サポート対応力)
  • 筆者が実際に利用した体験談

なお、転職エージェント満足度は、幅広い年齢、地域、職種の男女4,354人に対してアンケートを実施し、信頼に足る口コミを回収したものです。

サンプル数:4,354件
調査期間 :2020年2月1日〜2024年2月1日
調査企業数:49社
調査対象者:転職エージェントを利用した20歳以上

スクロール可能です→
順位 名称 評価 求人情報 個別解説
総合評価 求人数&質 提案/支援 対応地域 公開求人 非公開求人
1位 リクルートエージェント
(総求人数No.1)
★★★★☆
4.2/5.0
4.6/5.0
高い
3.9/5.0
普通
全国 363,064件
多い
231,950件
多い
2位 ワークポート
(未経験/20代に強い)
★★★★☆
4.1/5.0
4.3/5.0
高い
4.0/5.0
高い
全国 87,778件
多い
非公開
3位 dodaエージェント
(公開求人が多め)
★★★★☆
4.0/5.0
4.1/5.0
高い
3.8/5.0
普通
全国 224,449件
多い
39,709件
普通
4位 マイナビエージェント
(20代の利用満足度No.1)
★★★☆☆
3.9/5.0
3.8/5.0
普通
4.0/5.0
高い
首都圏,
大阪,名古屋
49,033件
普通
18,976件
少ない
5位 パソナキャリア
(年収500万円以上なら)
★★★★☆
3.7/5.0
3.9/5.0
普通
4.1/5.0
高い
首都圏,
大阪,名古屋
33,587件
普通
非公開

※2023/8/17更新

転職エージェントは最初から一つに絞る必要はありません。良い求人を見逃しにくくなるように、2~3社は登録しておきましょう。

どこに登録しようと迷ったら上位2社(リクルートエージェントワークポート)から利用して良かったところに絞ることをお勧めします。

運営者
ここからは、利用者の口コミと筆者の体験談をもとに、転職エージェントの特徴を解説していきます!どれも無料で利用できるので気になったものから登録してみてくださいね。

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 求人数が圧倒的なので登録必須
    • 全国でどの職種もだいたい強い
    • 第二新卒からハイクラスまで保有
  • 優秀なコンサルタントが多く頼りになる
    • 一人当たりのサポートはやや淡白
    • すぐに転職したいという方におすすめ

リクルートエージェントは、人材業界No.1の求人数と実績を誇る転職エージェントです。求人数は常時30万件以上と、さまざまな地域・業界・職種の求人を網羅しています。

実際のところ、大手企業や人気企業となると、リクルートを使っていない企業のほうが珍しいと思うので、新着求人にいち早く応募するためにとりあえず登録しておくことをおすすめします。

ただ、基本的には一度の面談のみで、最低限のフォローのみです。システムが自動で求人紹介してくるだけなので、個別支援には期待できません。求人数が多いサイトに登録するような感覚での利用をおすすめします。

\60秒で無料登録!限定求人あり/

【公式】https://www.r-agent.com/

運営者
筆者も転職活動のたびに登録していますが、毎日のように新着求人が追加されるので、転職サイトのような感覚で使っていますね。
リクルートエージェントの基本情報
タイプ エージェント
得意 総合(全業界、全職種)
対象地域 全国+海外(WEB面談実施中)
求人件数 595,014件(うち非公開求人は231,950件)
運営会社 株式会社リクルート
認可番号等 有料職業紹介:13-ユ-313011
Pマーク:17000021(09)
公式サイト https://www.r-agent.com/

※2023/8/17更新

2位 ワークポート

ワークポートの特徴
  • IT/ゲーム業界、営業職に強い
  • 20代(第二新卒~20代後半)に強い
    • 未経験者向けのサポートが充実

ワークポートは、全国トップクラスの求人数を持つ転職エージェントです。IT業界やゲーム業界、営業職の案件が多いですね。急拡大している組織だからか、他転職エージェントと比べると若い担当者が多く、レベルに差があるように感じるかもしれません。

ただ、第二新卒から20代までの方を対象に、根気強いサポートをしているので「就職したけどこのままでいいのだろうか」と悩んでいる方は一度、求人だけでも見てみると良いでしょう。

\60秒で無料登録!限定求人あり/

【公式】https://workport.co.jp

運営者
筆者もIT企業の事業部長として中途採用をおこなうことが多いですが、ワークポートさんには営業職やマーケ職といった職種で頻繁にお世話になっています。
ワークポートの基本情報
タイプ エージェント
得意 IT系、営業職
対象地域 全国(WEB面談実施中)
求人件数 87,778件(非公開求人は不明)
運営会社 株式会社ワークポート
認可番号等 有料職業紹介:13-ユ-040590
Pマーク:21000352(08)
公式サイト https://workport.co.jp

※2023/8/17更新

3位 dodaエージェント

dodaエージェントの特徴
  • 転職サポート付きの求人サイト
    • 自身で求人に応募可能
    • 非公開求人はエージェント登録が必要
  • アドバイザーの評判は割れる
  • 定期的なイベント開催あり

dodaエージェントは、業界トップクラスの求人数を持つ「doda(求人サイト)」で利用することができる転職支援サービスです。TVCMも配信していて非常に勢いがある一社ですね。

担当者の評価はややネガティブなものが多いですが、厚生労働省から「優良事業者認定」を受けています。利用すると、好条件な傾向が高い「非公開求人」を紹介してくれるようになるので、ぜひ利用しましょう。

\60秒で無料登録!限定求人あり/

【公式】https://doda.jp/

運営者
最大手のリクルートと比べるとやや担当者の質にバラツキがありますが、優秀で業界知識の多いアドバイザーが多いですよ!
dodaエージェントの基本情報
タイプ サイト+エージェント
対象地域 全国+海外(WEB面談実施中)
求人件数 264,158件(うち非公開求人は39,709件)
運営会社 パーソルキャリア株式会社
認可番号等 Pマーク:10860051(10)
有料職業紹介:13-ユ-304785
職業紹介優良事業者:第2304002(01)
公式サイト https://doda.jp/

※2023/8/17更新

マイナビエージェントの特徴
  • 求人数は都心部に限定される
    • 最大手に比べるとやや劣る
    • 特に、地方求人は少ない
  • 20代向けのサポート力が高い
    • 優良事業者認定あり
    • アンケートでも若手の評価が高い

マイナビエージェントは、新卒大手のマイナビが運営する20代30代といった若手〜ミドル層向けの転職エージェントです。

若年層向けに丁寧なサポートを行なっていることが特徴で、厚生労働省から「職業紹介優良事業者」の認可を受けています。

他エージェントと違って、各分野別(医療、介護、保育)でも認定されているので、会社全体として優れたサポートをしていることがわかりますね。業界や職種ごとに部門が分かれており専門性が高いので、一度相談してみることをおすすめします。

\60秒で無料登録!限定求人あり/

【公式】https://mynavi-agent.jp

ただ、やや若手向けなので、年収800万円越えの求人を探すのであれば、JACリクルートメントビズリーチといった高年収専門サービスと併用してください。

マイナビエージェントの基本情報
タイプ エージェント
対象地域 首都圏、大阪、福岡、名古屋(WEB可)
求人件数 68,009件(うち非公開求人は18,976件)
運営会社 株式会社マイナビ
認可番号等 Pマーク:10821880(09)
有料職業紹介:13-ユ-080554
職業紹介優良事業者:2102006(03)
公式サイト https://mynavi-agent.jp

※2023/8/17更新

パソナキャリアの特徴
  • 満足度評価No.1
  • 求人は首都圏/関西圏が中心
  • 年収600万円〜のハイクラス向け
    • 3万社との取引実績
    • 丁寧で質の高いサポートをしている

パソナキャリアは、派遣業界最大手のパソナが運営する『オリコン顧客満足度調査4年連続No.1』を獲得している大手転職エージェントです。

首都圏エリアを中心に3万社以上の企業と取引実績があるため求人数が多く、手厚いサポート・対応力に定評があるので、慣れない転職に不安がある方におすすめできます。

\60秒で無料登録!限定求人あり/

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

運営者
筆者も過去に何回か利用しましたが、求職者側の要望をしっかりとヒアリングして、その人にあった求人を探してくれる、という印象ですね。

地域は都心に偏っていますが、400万円前後の求人から800万円以上のハイクラス求人まで多く保有しているので、どなたでもぜひ一度確認してみることをおすすめします。

パソナキャリアの基本情報
タイプ 転職エージェント
得意 総合(全業界、全職種)
対象地域 首都圏、大阪、名古屋(WEB面談実施中)
求人件数 6万件以上(2024年2月時点)
運営会社 株式会社パソナ
登録免許 有料職業紹介:13-ユ-010444
Pマーク あり
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/

よくある質問と回答

マイナビ転職に関するFAQを整理しました。

1つずつ回答していきますので、気になる項目があればタップクリックしてください。

登録したら今の会社にバレる?

「企業からのスカウト機能」を使う場合はバレる可能性があるので、事前にあなたの所属する企業をブロックする必要があります。(やり方はこちら

上記のパターンを除けば、マイナビ転職のような転職サイトに登録をしても、転職活動中であることが今の会社に伝わることはありえません。理由は以下の通りです。

登録しても今の会社にバレない理由

<理由①>
企業側は応募前の求職者情報を見れないため
└本人同意なしで企業に個人情報は開示されない
└スカウト機能にのみ気をつければ大丈夫

<理由②>
運営会社が情報管理を徹底しているため
└情報漏洩は、会社の信用・ブランドが失墜する
└仮に情報が漏洩しても一般には公開されない

特に転職サイト側の管理不足によって個人情報が漏洩した場合、そのサービスに誰も登録しなくなってしまうので、注意深く管理されています。

転職サイト運営企業の情報管理の取り組み
  • 盗難の防止策
  • 事業所への入退室の管理
  • 個人情報の移送や送信時のリスク対策
  • 個人情報保護の社内マニュアル/ルール

もちろんマイナビ転職においても、プライバシーポリシーに記載されているように徹底した情報管理がされており、プライバシーマーク(とは:個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者が受ける認定)も保持しているので、より安心できます。確認はこちら

ただ転転活動をする際には、追加で以下のような点に注意をしないと、今の会社にバレる可能性があるので注意をしましょう。

転職活動をする時の注意点
  • 職場では話さない、同僚には話さない
  • 社内PC、アドレスを使って登録しない
  • 会社のカレンダーに面接予定を記載しない
  • 面接と同僚の営業訪問がかぶっていないか確認

どんなコンサルタントが在籍している?

マイナビ転職には、転職サイトには珍しく転職MYコーチというキャリアアドバイザーが在籍しています。

キャリアコンサルタントなどの資格を有した専任のアドバイザーチームで、あらゆる業界に精通しているのが特徴です。

「転職MYコーチ」には主に「履歴書コーチ」「面接コーチ」「求人紹介」の支援サービスがあり、会員はアドバイザーから履歴書や面接のアドバイスをもらったり、自分の希望条件にマッチした求人紹介を受けたりすることができます。

こちらのサービスの利用回数は1人1回と決まっていますが、会員であれば無料で利用できます。転職成功のためにも、ぜひ活用してみてください。

マイナビ転職には他にも支援コンテンツはありますか?

マイナビ転職には、他にも転職に役立つコンテンツが充実。

  • 「簡単!速攻!職歴メーカー」
  • 適性診断・適職診断
  • 動画セミナー

など、転職活動に役立つサービスが複数用意されています。特に同社の適性診断」は診断の精度が高く信頼性が高いと好評です。

2種類の診断を通して、自分の仕事上の行動傾向や価値観を知ることができるため、自分の適性にマッチした求人を探すヒントとなるでしょう。

会員登録をすれば無料で診断可能です。診断結果にマッチした求人情報を探すこともできますので、ぜひ一度利用してみてください。

マイナビ転職で、女性ならではの求人情報や転職ノウハウを調べることはできますか?

マイナビ転職には、女性向けの求人情報に特化した、マイナビ転職 女性のおしごとという専用サイトがあります。

女性向けの求人はもちろん、検索キーワードとして「女性の管理職活躍中」「育児中の社員在籍中」を設定しているなど、働く女性ならではのこだわり条件で、情報を絞り込むことが可能です。

働く女性に関連したテーマの特集や転職ノウハウ、お役立ち情報などが女性目線でまとめられていますので、女性の転職希望者であれば、見ておいて損はないでしょう。